運命の人と付き合うまで長い理由・期間は?短いこともある?

運命の人・付き合うまで長い・理由・期間・短い 運命の人
スポンサーリンク

 

この人が運命の人かも知れないと感じたことはありますか?

しかし、親しくなってもなかなか関係が進展しないと焦りを感じるかも知れません。

運命の人と付き合うまでが長いのには理由があります。

それは、どんな理由で、どのくらいの期間なのかが気になります。

運命の人と付き合うまで長い理由・期間は?短いこともある?について紹介します。

 

 

運命の人と付き合うまでの試練が用意されている

運命の人と付き合うまでの試練が用意されている

運命の人だと思える人に出会うことができたとしても、その人と付き合うまでにはなぜ、試練が用意されているのでしょうか?

 

運命の人と付き合うまでの試練①お互いの魂の成長

 

その理由の1つ目は、お互いの魂が成長してからでないと、結ばれないからです。

過去世では同じ魂であったはずの2人。

出会わなかった時もあれば、出会っていても結ばれなかったこともあるはずです。

そのようなことのないように、運命の人と結ばれるには、輪廻転生のたびに魂のステップアップが求められます。

だから、困難だと思われる試練が2人に与えられるのです。

 

人としての成長ができなければ、たとえ運命の相手だったとしても、今世でも結ばれるとなく終わってしまうでしょう。

しかし、お互いに信じあうことができていれば、乗り越えることができる試練なので、2人の絆がここでまず試されるのです。

お互いを高め合って、魂が成長していくことが求められています。

 

運命の人と付き合うまでの試練②今世の最終的な目標

 

2つ目は、運命の人と結ばれることが、今世の最終的な目標だからです。

長い人生には、これからも様々なことが起こるでしょう。

苦しいこと、つらいこと、嬉しいことや楽しいことなど、もちろんこれまでの人生でも経験してきたはずです。

運命の人と付き合い結ばれるには、魂の成長のために、これまで以上に経験や知識が必要となります。

お互いに良い影響を与えて、高め合えるのが運命の相手なのです。

 

2人で高め合い、困難や試練を乗り越えた先には、運命の人と共に人生を歩んで行くという幸せな結末が待っているでしょう。

それには、努力が必要なのです。

 

運命の人と付き合うまで時間がかかる理由

運命の人と付き合うまで時間がかかる理由

運命の人と付き合うまで時間がかかる理由とはなんでしょうか?

 

以下のような理由があります。

  • 運命の人とお互いが気づく時間に差がある
  • 運命の人と付き合う必要を感じていない
  • 運命の人と友達感覚になってしまう
  • 運命の人が好みのタイプと違うから

気づくまで時間がかかることもあるので、付き合うまでの期間が長くなることもあるのです。

詳しくご紹介します。

 

運命の人とお互いが気づく時間に差がある

 

運命の人と付き合うまでに長い時間がかかるのは、お互いが運命の人と気づくまでに時間差があるからです。

もし、どちらか1人だけが、運命の人だと気が付いても意味がありません。

お互いがこの人が運命の人だと認識しなければ、2人の関係は成立しないのです。

 

また、どちらかの思い込みや勘違いもあるかも知れません。

恋愛経験が少ない場合や、惚れっぽい体質の人であれば、「この人が運命の人に違いない!」と思ってしまう可能性があります。

それを防ぐために、お互いのことを知り、認識するまでに時間がかかる場合があるのです。

 

しかし、運命の人は今までの好きなタイプとは全く違うのに何故か気になる、一緒にいると安心するなど、特有の感覚があります。

それを見逃さず、なかなか進展しないから違うかも知れないと決めつけてはいけません。

 

運命の人と付き合う必要を感じていない

 

運命の人は過去世で同じ魂であった人物のことです。

1つの魂がいくつかに分かれたソウルメイト、または1つの魂が半分に分かれたツインレイです。

ソウルメイトとツインレイは、輪廻転生を繰り返しお互いの魂を高め合ってきました。

 

お互いのことをよく理解して、徳を積んできた2人なので、愛情の形にこだわらない可能性があります。

それ故に、「夫婦や恋人でなくても、2人で一緒にいられるならそれでいい。」と考えることもあるからです。

 

お互いが強い絆でむすばれている2人であれば、「付き合う」という大義名分の必要性を感じないことも多いでしょう。

だから、付き合うまでに長い時間を費やしてしまう場合があるのです。

 

運命の人と友達感覚になってしまう

 

運命の人と出会った時に誰しも、雷で撃たれたような感覚があるわけではありません。

実際には、「なんだか、気が合う。」「一緒にいると安心する。」という感覚の方が多いでしょう。

ですので、まずは友達になるパターンが一般的でしょう。

 

そうなると、いきなり恋愛対象になることはありえません。

長い友達の期間を経て、お互いをよく理解してから付き合い始めるというパターンになります。

 

また、友達の期間が長いと、仮に自分の気持ちに気が付いたとしても、今更と思ってしまうでしょう。

今の心地よい友人関係を崩してしまうのであれば、このままの方が良いと関係が進展しないでしょう。

改めて告白するのも勇気が要るものですよね。

 

一方、出会った時からとてもよく気が合うので、親友のようになってしまい、異性としてみられないパターンもあります。

運命の人であれば、価値観や好きなものが似ているので、2人で過ごすのがとても楽しいでしょう。

価値観や好きなものが似ていること自体が、運命の人である可能性があるのに、それに気がつかないのです。

だから、付き合うまでに長い時間がかかってしまいます。

 

 

運命の人が好みのタイプと違うから

 

運命の人が、自分の好みのタイプとは全く違うということはよくあることです。

好みのタイプではないので、対象外だと思い込むのは危険です。

 

運命の人の特徴に、特に見た目が好きなタイプではないのに、特別な何かを感じ取り惹かれてしまうということがあります。

惹かれた理由は分からないけれど、その人が何故か気になってしまうのです。

 

それは、理屈や自分の理想などの条件ではなく、あなたの魂が相手の魂に反応してしまうからです。

魂同士が惹かれ合うと、潜在意識の中でその人を求めるので、好きになった理由やきっかけが見つからないので戸惑ってしまいます。

 

しかし、気が合う、シンクロニシティ、何度も出会うなどの運命の人と出会った時に起こる現象が併発している可能性があるので、しばらくして気が付くこともあるでしょう。

なかなか恋愛に進展しませんが、なにかきっかけがあると急速に2人の仲が進展する可能性があります。

 

運命の人と付き合うまでの期間はどのくらい?

運命の人と付き合うまでの期間はどのくらい?

では、実際に運命の人と付き合うまでの期間はどのくらいなのでしょうか?

人によってもちろん差がありますが、一般的には年単位であることが多いと言われています。

中には10年以上の期間がかかったという人までいます。

運命を感じていても、付き合うまでにはかなりの時間がかかっています。

 

それは、運命の人と出会った時に、試練を乗り越えなくてはならないからです。

その理由は、お互いの魂が成長しない限りは、運命の人とは結ばれないからです。

過去世ではもともと同じ魂であった2人。

お互いの魂が、出会わなかったこともあれば、出会っていても結ばれずに終わった時もあるでしょう。

 

今世では、運命の人と結ばれるために、お互いの魂が同じレベルに高められることが求められるのです。

一度は離れてしまう、体調を崩してしまう、トラブルに巻き込まれるなどの試練が降りかかるでしょう。

 

しかし、乗り越えることが不可能な試練ではありません。

その試練に真摯に向き合えば、超えることができる試練です。

人としての成長がなければ、お互いに運命の相手だったとしても、今世でも結ばれることはありません。

しかし、お互いに信じ合い、乗り越えるために、2人の絆が試されているのです。

2人の魂がステップアップして初めて結ばれます。

 

運命の人と付き合うまで短いことも?

 

運命の人と付き合うまでの期間が短い場合ももちろんあります。

 

①直感を信じた

見た目やタイプも全く好みではない人でも、「なんだか気になる。」「懐かしい感じがする。」などの自分の心の声に従ったことで早く付き合うことができたという話もあります。

好みではないから運命の相手ではないと決めつけることなく、自分の直感を信じることが大切です。

友達から始めて、お互いをじっくりと見定めていると、長い期間を要します。

自分の感覚に素直に従うことが、結ばれるまでの期間短縮には重要なことのようです。

 

②運命の人の存在を信じた

「早く運命の人に出会いたい。」などと感じても、いざ気になる人に出会った時に、自分の気持ちにブレーキをかけてはいませんか?

「本当は違うかもしれない。」「運命の人は存在しないのではないか?」とどこかで思っていることもあるでしょう。

しかし、それでは引き寄せの力が発揮されません。

相手と自分の気持ちを信じて真っ直ぐに向かっていくことで、運を引き寄せることができるのです。

やはり、特別な縁を感じる力と、運命に逆らわない素直さがポイントになるようです。

 

運命の人と付き合うまで長いと感じたらどうする?

運命の人と付き合うまで長いと感じたらどうする?

運命を感じていても、なかなか進展しないとじれったく感じるものです。

魂が繋がっている相手であれば、離れることはないと思っても、焦る気持ちも理解できます。

では、そのような時に自分自身でなにかできることはあるのでしょうか?

 

①運命の人の特徴を知る。

まず、これが大切です。

運命の人に出会った時には、シンクロニシティなど様々なサインがあります。

それを見逃さないようにすることが大切です。

 

②早く付き合いたいと焦らない。

過去世からの輪廻転生を思えば、付き合う期間はかなり短いものです。

まずは、出会えたことが奇跡なのです。

そのことに感謝し、長い目でこれからのことを考えましょう。

 

③お互いの幸せを第一に考える。

付き合ってしまえばそれで安心なのか、他に今やるべきことはないのかを考えましょう。

付き合う=ゴールではないのです。

相手にとっての幸せや、将来に向けて優先すべきことをまず、第一に考えましょう。

付き合うことに固執してしまうと、大切なことを見落としてしまいます。

 

運命の人と付き合うまで長い理由・期間は?短いこともある?まとめ

 

運命の人と付き合うまで長い理由・期間は?短いこともある?について紹介しました。

出会ってから付き合うまでの期間は人それぞれです。

しかし、タイミングや与えられた試練のために、一般的には長い期間を経て運命の人と結ばれます。

焦ることなく、心に余裕を持ちお互いの成長のために必要な時間だと思えば良いのです。

どんな試練も前向きに乗り越えていきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました